笛・音楽の話いろいろ

「星影のエール」を篠笛で練習中!

こんにちは!

今更ですが、全国に緊急事態宣言が出ましたね。

今日は、用事で車を出しましたが、ほとんど人通りが無く、道路もとても空いていました。

家にこもりっきりだと気持ちも明るくなりません。

ニュースで見たのですが、感染拡大は2022年ころまで続くとの見通しが出ているそうですね。

ワクチンが出来るまでは、規制を緩めたり、締めたりを繰り返しながら、急激な感染拡大を起こさないようにするしかないようですね・・・。

元通りの生活に戻るということは考えにくいかもしれません。

この状況は、人間にとっては非常に辛いものですが、地球や自然にとってはとても良い状態なのかもしれません。

自然破壊があまりにも進みすぎたので、このようなパンデミックが起こってしまったのかもしれません。

経済活動が緩やかになると、地球や自然はホッとしているのではないでしょうか・・・。

でも、当面の生活を何とかしなければならない方がたくさんおられるこの状況は、本当に何とかしてほしいです。

そして、医療関係の方々には、本当に感謝しかありません。

心から、本当に、心の底から感謝しています。

これからは、経済活動だけに偏らず、もっと持続可能な地球と人が共存していける社会を作っていけたら、きっと疫病も自然災害も減っていくのではないでしょうか・・・。

私に何ができるのかはわかりません。

ただ、今できることは、シンプルに「家から出ない」ということしかありませんが・・・

こんな日常に、ピッタリの曲が、「星空のエール」です。

ちょっと、不安な気持ちになっていても、星空のエールを歌うと元気になります。

自分に向けて、また、今頑張っている方々に向けて、すべての人に向けて、元気を与えてくれる、素晴らしい曲です!

きっと、曲を作られたときには、こんな時代が来るとは夢にも思っておられなかっただろうと思います。

でも、今の何となくつらい状況に、「頑張って!」と励ましてくれているような、そんな大きな愛を送ってくれる曲です!

ここのところ、「星空のエール」しか篠笛で練習する気持ちになれなくて、毎日「星空のエール」を吹いています(*^^*)

意外と難しかった・・星影のエール

GReeeeNが、星空のエールを歌っていると、なんだかシンプルで演奏しやすい曲の様に聴こえていたのですが、実は篠笛で吹くと結構難しい曲なのです。

ハ長調なので、半音が無いというところは嬉しいのですが・・・

なんと、呂の一から大甲の1まで使います。演奏してみたい方は、下記の「星空のエールを篠笛で演奏しよう」をご参照下さいね。

一番難しいところは、Aメロにあたる最初の部分の、呂の一から甲の1に半拍で飛ばないといけないところです。また、甲の1から呂の一に半拍で飛ぶところもあります。

私が、呂の一が苦手だということも関係しているのですが、いきなり呂の一を綺麗に出してすぐに一オクターブ高い音に飛ぶのが本当に難しいです。

サビの前のBメロにあたる部分で、呂の三から甲の4に、一オクターブ以上飛ぶところもあります。

サビの部分は、Aメロよりほとんど1オクターブ高い音で構成されています。

最初に歌口を合わすときに、本当にピッタリと合わしておかないと、2オクターブ全部の音を綺麗に出すことができません。

ちょっとでもずれていると、呂の一が出ない、もしくは呂の一は綺麗に出るけれど、大甲の1が綺麗な音にならない・・・などということが起こるのです。

この曲の中で、呂の一を芯のある綺麗な音で出すのは、とても難しいのです。

やってみて初めて気づいたのですが、高い音は一瞬短い音を出すときに綺麗に出しやすいのですが、呂の一を高いところから飛んできて一瞬だけ綺麗に出して、一オクターブ上に飛ぶのは、かなり高度な息の使い方と腹筋の使い方が必要です。

これは、かなり練習が必要な曲です。

星影のエールを演奏していると、自分を励ましているような気持ちになる

思っていたよりも、かなり難しかった曲なのですが、「星影のエール」を演奏していると、自分に向けてエールを送っているような気持ちになり、勇気が出てきます。

星影のエールが、励ましてくれるのです。

本当に音楽の力ってすごいですね!

今は、誰に聴いてもらうわけでもなく、自分のために篠笛を吹いています。

新型コロナウイルスが出現して、全世界が大変なことになっていますが、この先、元通りの生活が戻ってくるということは考えにくいような気がします。

免疫ができると一年は有効だそうですが、免疫ができるということは一度感染するということです。

そして、感染して免疫を獲得したとしても、有効期限は一年です。

ニュースで聴いた情報だけを集めても、人類は新型コロナウイルスと共に生きていくという選択しかないような気がします。

ワクチンの開発が速く進みますように・・・心から祈るしかありません。

そして、命をかけて使命感を持ってお仕事をされている方々に感謝します。

本当にありがとうございます!

ピー助
ピー助
今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!